2017年8月6日日曜日

スカルパ「キメラ」

スカルパから発売されているクライミングシューズ「キメラ」のレビューをします。

ジムで10回程度、岩場で1回使用し、2ヶ月程度の期間でのレビューとなります。


普段の靴のサイズは26.2cmで、スカルパの靴は通常39-1/2を履いていますが、キメラは40にしています。

その理由は、キメラはダウントゥがキツいだけでなく、ターンインもかなり攻めて作られているからです。


靴の作りはレースタイプとなります。トゥフックがしやすいよう、ドラゴと同様のラバーがついています。

靴紐はしっかりと締めなくてはなりません。さもなければ、強いダウントゥとターンインの相乗効果で、ヒールフックの時に踵が浮くことがあります。


靴の裏側の写真です。フロントのゴムとヒールのゴムを接続するブルーのゴムが、ダウントゥ構造の持続性を担保します。

一目見てわかるとおり、ターンインはかなりキツい!ダウントゥもソリューション並のきつさです。強傾斜でも足が切れません。


以上を踏まえてキメラの感想ですが、非常にすばらしいシューズです。ジムクライミングではキメラをメインにしています。

ドラゴの粘りとソリューションのダウントゥ、レースによる装着感など、絶妙なバランスとしか言いようがありません。

欠点をあげるとすれば、エッジング性能とヒールフックの安定性です。それが改善できれば、最強のシューズになります。

ここ最近、スカルパは日本で売り上げが伸びているとのことで、日本人の足形に合わせて設計していると聞いています。これはまさしくマスターピースといえるシューズではないでしょうか。

2017年7月20日木曜日

御在所岳「前尾根」

2017年7月16日(日)

今年の3月初旬以来の、御在所岳に行ってきました。

御在所岳は10回以上通った山ですが、いつも冬に通っていて、夏は初めて。涼しいことに期待をして入山してみました。


夏はアプローチがとても早い!駐車場から30分くらいで藤内小屋到着。

あまりの暑さで立ち眩みしそうでした。


夏はのどかでいいですが、いつも見える鈴鹿の景色がモヤっています。


いつもは雪の上を歩いていた道、こんなに岩があったとは!


藤内壁の圧迫感は冬ほどではないかな。

今回は肩の痛みが全く治らないので、初級者向きの前尾根へ。


案の定、先行パーティーが5組以上いました。

とにかく待つのが大嫌いなので左側から木登りして、5.9のクラックへ抜けました。


支点も人だかりで埋まっているので、自作支点をカムで構築。


2ピッチでP7を抜けて、P6へ。ここもノーマルルートは渋滞しているので、誰もいないクラックルートへ。


二つ目のクラックは結構いやらしい。左側のカチホールドから、クラック内部に入り込みました。


セカンドも大変そうでした。ザック背負ってるからしんどいのかな。


その後、チムニーを抜けました。これ、意外に難しいんだけど!


その後は簡単なピッチだったので、アプローチシューズで十分!

モヤが晴れてきて、伊勢湾岸が見渡せました。


中尾根もきれいです。次は中尾根行こうかな。

最後、突如天気が急変。ゴロゴロなりだして、雨が降ってきました。


ロープウェイでエスケープ。


初めて乗った御在所ロープウェイ。なかなかの絶景でした。

2017年7月2日日曜日

グラヴィティリサーチ難波

6月25日(日)

久しぶりのグラビティリサーチ難波です。

とても人が多いし、ここの施設はクーラーの効きが悪いので暑いです。

6月のクライミング日数は僅か5日ですが、右肩の調子は一向に治らず。

痛いだけなら我慢できますが、ムーブを起こすと激痛で悶絶…。


5.11Aまでにしようと決めて10本ほど登りましたが、体の限界です。

早々に退散して、難波の街を散策しました。


かに道楽の通りは、外国人(韓国人・中国人)が殆どで、日本とは思えない状況になっていました。


活気が合っていいですね。難波は面白い街なので、何度来ても飽きません。次はどこに行こうかな。

2017年6月18日日曜日

ナカガイクライミングジム 高槻店

2017年6月16日(金)

以前から気になっていたジム、ナカガイクライミング高槻店に行ってきました。

辛めのジムという噂は聞いていましたが、思いのほか辛かったです。

上から3番目から4番目の難しさのルートでも、3級以上ありそうで、初心者には厳しいジムかな?


6月に入ってからは休養中とはいえ、パンプに2回、ナカガイ1回と、合計3回登っているせいか、肩の痛みは一向に治りません。

登る回数が減ったので、その間はフリマアプリで身辺整理をしています。売上額が4週間で7桁目前…新しい才能に目覚めたか?

2017年6月2日金曜日

休養が必要

クライミングを始めて4年と半年が経ちました。4年振り返ってみると、クライミングを7日以上休んだことは多分ほとんどないかな?

最近は「ディープインパクト」5.13Cで痛めた、慢性的な右肩の痛みに加えて、ボルダージムで痛めた左ひざが一向に治りません。

有名クライマーのブログで、肩の手術をすることになるという話や、怪我を抱えた40台クライマーが周りに多いこと、多いこと。

週2クライミングに減らしたものの、昨日のパンプでは肩と膝の痛みが酷かった。インドア5.13まで追い込めるようになってきましたが、体の調子とは反比例しているのでそれも危険な気がしています。

ということで、しばらくクライミングの日数を多くても週2、いや、週1をメインにして、体の不具合を治すことに専念します。それに伴って、ブログの更新日数も少なくなりますので、よろしくお願いします。

2017年5月30日火曜日

御手洗渓谷(2)

2017年5月28日(日)

半日だけ御手洗渓谷に行ってきました。ボルダーの楽しさが少しずつ分かってきたようで、2週連続でのボルダーです。

12時過ぎの段階で駐車場は8割くらい埋まっていました。ほとんどが兵庫、大阪ナンバーで地元色の強いエリアかな?


今回は、来週の撮影の関係で、下見としてやってきました。

1級から5級くらいまでをいろいろなムーブで登り、課題のポイントを抑えることができました。

<登った課題>
原チャのフレーム 3級 2回
心神喪失 4級 2回
草餅 初段 2回
草餅shortversion 3回
一人芝居2級 2回
一人芝居5級 3回
無題3級 3回
無題1級 3回
ケロ2級 2回
ケロ1級 2回 (完登ならず)
ドール2級 1回

ケロ1級は登れそうでしたが、時間も遅くなってきたので、程々で退散することにました。

それ以外は、木曜の撮影のため、何度やっても登れるように、ムーブの確認ができました。

工夫次第でマット2枚担げます。

マットの2枚重ね、便利です!旧モデルのマムートのボルダーマットは、間にマットや荷物を挟めるので、とても重宝しています。

2017年5月26日金曜日

クライミングシューズのクリーナー「ヴィンガ」

「ヴィンガ」というソールクリーナーを購入し、持っている靴全てを磨き上げました。

平山ユージさんや小山田大さんも絶賛する、ソールを復活させるクリーナーなんです。

全て磨き上げました。

写真の靴のうち4足は転売することなったので、新しいシューズとしてスカルパの「キメラ」を追加しました。

「キメラ」のレビューは近々公開する予定です。いまのところ、欠点が見つからないシューズでとても良いです。

話を戻しまして、今回はソールクリーナー「ヴィンガ」の紹介です。

このブログで取り上げるのは2回目になります。購入はこちら

3本購入すると送料が無料になるので、まとめ買いしておきました。


注文・入金してわずか1日で到着しました。仕事が早くてびっくり。


ソールクリーナーは1本2900円、専用スポンジが100円となります。


スポルティバの「ジーニアス」で使用した場合…

ビフォー

ビフォー

アフター

アフター(磨き方が失敗し色写りあり)

このようにピカピカになります。グリップ力も大きく向上します。

ソール以外にスポンジが触れると、黒い色が写りますので要注意。

続いて、名張でドロドロになったスポルティバ「TC PRO」です。

ビフォー

ビフォー

アフター

アフター

わずか1分の作業でこの通りです。車のタイヤと同様、クライミングはグリップ力が命なので、定期的なメンテナンスは大切ですね。